Now Loading...

Now Loading...

news INTRO STORY CHARACTER STAFF MOVIE COMMENT TOP
twitterinstagram

NEWS - Information

記事一覧お知らせ
2021/11/09
スタッフトークつき上映会オフィシャルレポート!

ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたハートフルエンターテインメントフィルム『アイの歌声を聴かせて』が絶賛公開中です!

11月8日(月)絶賛公開中の映画『アイの歌声を聴かせて』のスタッフトークつき上映会が、新宿ピカデリーで開催されました!

【スタッフトークつき上映会レポート】

本作上映直後、興奮が冷めやらない満員の観客を前に、吉浦監督、音楽の高橋諒、作詞の松井洋平が「ユー・ニード・ア・フレンド ~あなたには友達が要る~」のBGMと共に登場すると会場から大きな拍手が。

吉浦監督は「今日はこんなにたくさんのお客様にお越しいただき嬉しいです、初めての音楽スタッフクロストークで楽しみです。」と挨拶し、作曲・編曲担当の高橋は「話したいことがたくさんありうずうずしている」と高揚感を隠せない様子。そして作詞担当の松井は「みなさんの上映終了後の拍手が伝わってきて、とても温かい気持ちになりました。」と挨拶した。

今回はシオン演じる土屋太鳳歌唱の4曲について掘り下げていく。土屋はトレーナーをつけてタイプの異なる4曲の楽曲ごとに表情を演じ分け、シオンというAIロボットが成長していく過程を彼女自身が歌で表現してくれていたと監督から制作エピソードが明かされた。ミュージカル要素を取り入れた作品の方向性は明確で、脚本よりも前に楽曲制作がスタートしたという。そして4曲の制作秘話を深堀りする3人のクロストークはさらにヒートアップした。

 

「周囲の人間を置き去りにして突然歌い出すシオンが印象的な楽曲でした。」という監督の話から始まった1曲目『ユー・ニード・ア・フレンド ~あなたには友達が要る~』トーク。「ストレートに“めっちゃいい王道ポップスミュージカル”にしてください。」という監督からの指示に、高橋は制作過程で「親しみやすさ」を常に意識したと言う。松井は、「『ともだち、ほしい~!!!!』と締める曲は少し恥ずかしくも感じたが、AIロボットのシオンだからできる。コメディソングにならない程度の、気持ちよく歌える曲作りを意識した。」と明かした。続けて監督からは「周りは置き去りになるが、ミュージカルの突飛さとシオンというAIロボットのキャラクターがリンクする曲」と完成度の高さを満足気に語りつつ「でも、土屋太鳳さんはこの曲を初めて聴いて、さいごの歌詞『ともだち、ほしい~‼』にずっこけたそうです(笑)」とエピソードを明かし会場の笑いを誘った。

2曲目の『Umbrella』はバラード調で、1曲目と大きく雰囲気も変わるラブソング要素のある楽曲。「この歌がきっかけとなり、シオンが人間の気持ちを学習するきっかけになるので、それをうまく歌詞に表現するのが難しかった。」と松井。高橋は「バラードというと音の流れも緩やかなことが多いが、AIシオンが歌う曲ということで、ロボットとしての高音や跳躍感のあるサウンドを入れるなど工夫した。」と紹介。「歌のチカラで登場人物たちの心が変わっていく。シンプルにまっすぐ響く良い曲になった!」と満足げな松井に、監督も納得の表情。

 

3曲目の「Lead Your Partner」はTikTokなど、SNSのクチコミでも非常に話題になっている曲。歌と柔道とダンスのコラボレーションは今までに見たことないエンターテインメントだが、松井はこの曲が一番歌詞を作っていて楽しかったと語る。監督の着想や楽曲や歌詞のイメージについて聞かれると、監督は「実は当初はもっとムーディなイメージでオーダーしていたので、高橋さんから少し気まずそうに提案されました(笑)」と明かした。高橋は「監督に最初に聞いてもらうとき、ムーディとは正反対のビックバンド調のアグレッシブな曲だったのでハラハラした。」と答えた。さらに高橋は「柔道の技が決まる瞬間に合わせて、ドラム音を入れたり、足さばきをリズムタップで表現したり、社交ダンスの映像と、ビックバンドらしい音色と、柔道と。すべてが異色のコラボレーションでありながらも絶妙にマッチし、それがストーリーの高揚感やサンダーの胸の高鳴りにもマッチした。」と熱く語る。松井は「最後のシオンが、アンドゥトロワ!と言うところがポイント!」とシオンの小悪魔的な可愛さを歌詞で表現したとコメント。

そして最後4曲目の「Youʼve Got Friends ~あなたには友達がいる~」は作中で1番ミュージカル然とした楽曲。いわゆる1曲目の「ユー・ニード・ア・フレンド ~あなたには友達が要る~」のアンサーソングである。監督は「BGMではなく、全部その場で主人公が歌っている曲として、映画を観ている人も登場人物と一緒にその気持ちになって歌えるような感覚が得られるのが魅力」と語った。高橋は「バラードとしても成立するように深みのあるメロディを意識した。」と答えた。松井は「この4曲目の『あなたには友達がいる』というサブタイトルを決めてから、1曲目にもサブタイトルをつけようと思い、『あなたには友達が”要る”』とつけた」と秘話も語った。

 

イベント終盤で高橋は「自分自身もいろいろな挑戦をさせてもらえた。監督と皆様に出会えたこと嬉しいです。」と話し、松井は「歌のウエイトが重い作品。歌ってこんなに素敵で、伝わる力がある、響いているんだと心が揺るがされた思いです。皆にもっと知って、聴いてほしいです。」と思いを伝えた。最後に、監督は「この作品は本当にいろいろな想いを込めて作った。この想いを観客の皆様のクチコミで広めていってほしい。」と観客に感謝の思いを語り、イベントは幕を閉じた。


© 吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会