Now Loading...

Now Loading...

news INTRO STORY CHARACTER STAFF MOVIE COMMENT TOP
twitterinstagram

NEWS - Information

記事一覧お知らせ
2021/11/24
咲妃みゆ×吉浦監督登壇!公開記念舞台挨拶レポート!

ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたハートフルエンターテインメントフィルム『アイの歌声を聴かせて』が絶賛公開中です!

10月29日(金)に公開を迎え、公開初週の満足度調査では、満足度97.3%(10/29-10/31 劇場出口調査)、Yahoo!映画ユーザーレビュー4.26(11/10付)ほか多くの映画サイトで絶賛され話題となり、SNSでも「“歌う”ことにこれほど意味を持たせた展開と土屋太鳳の声の健気さに涙腺フルオープン」「温かな歌声が奇跡を起こす終盤に泣く」「土屋太鳳さんの歌声も最高。『突然歌いだす』という行為が何重にも意味があって発明の域!」などと楽曲についても絶賛の声が上がる本作。
そんな本作では、新宿ピカデリーにてファンの皆様へむけ、咲妃みゆ、吉浦康裕(原作・脚本・監督)登壇にて公開記念舞台挨拶を行いました♪

 

【公開記念舞台挨拶上映会レポート】

 

本作を見終わったばかりの、満席の観客たちの拍手で登場した咲妃みゆと吉浦監督。咲妃は「吉浦監督と一緒にいろいろなお話を届けられたら」と挨拶。監督は「今まで舞台挨拶をやってきたが、今日は客層の雰囲気が違って思わず背筋が伸びる」と緊張気味に述べ、イベントはスタート。

公開から3週間が経ち、司会から周囲の反響について聞かれると、咲妃は「知人や家族も劇場に何度も足を運んでくれている。とても感動したという声と、二度三度足を運んでくれると聞いて、反響の大きさを改めて感じている」と話し、監督も「SNSでも熱のこもった感想があり、観ていて幸せな気持ちになれると周囲におすすめしてくれる人がたくさん。映画というものは世に放った後に観客の皆さんに育ててもらうのだと、こんなにも実感した作品はない!」と笑顔で答えた。

さらに、完成した作品を観た咲妃は「とても幸せで温かい気持ちに包まれた。コロナ禍では会いたいと願っても物理的な距離で会えないこともあったが、それでも“心”はつながっている…と背中を押されている気持ちになった」と作品から広がる力を実感。

監督も、作品はコロナ前に制作したと前置きをしつつ「シンプルに楽しいと思える映画が作りたかった。コロナ禍の状況にあっても、最初に目指した方向性は間違ってなかったと制作前以上に感じている。楽しい映画を作るのは簡単そうにみえて難しいけれど、こういう想いで作って良かった。」と感慨深く語り、右肩上がりに鑑賞者が増えている本作を「ぜひ周りの皆さんにも勧めてもらって、幸せのおすそ分けをしてほしい」と誇らしげに語った。

そして、咲妃が声優を勤めたキャラクターが登場する劇中アニメ「ムーンプリンセス」の話題へ移る。シオンとサトミが大きな影響を受けた作品だが、作中では歌の意味や内容などあまり触れられていない。アニメーションに関して、監督は「この話は舞台挨拶で絶対したかった!」と前のめりにコメント。さらに「本作で本当に大切な劇中アニメ。誰しも、子供のころに観た素敵なアニメやミュージカルがある。そんな“心の一本の象徴”のような作品として作った。」と熱く語った。またこの作品は竹取物語をベースにしており、今回はそんな『ムーンプリンセス』というアニメが本当に実在しているかのように作るべく、歌声に説得力が必要であった。さらに監督は「咲妃さんにお願いできる!と聞いたとき、色々な方の協力があってこの作品が仕上がるのだな、と実感しました」と感極まった様子。それを受け咲妃も「アニメーション作品に携わらせてもらえて本当にうれしい。必至で練習してレコーディングに挑みました。かなり音階の移動の大きな楽曲なので、とても難しかった。」と収録の裏側を語った。

ここで、監督たっての希望で劇中歌「「フィール ザ ムーンライト ~愛の歌声を聴かせて~」のフルバージョンMVを鑑賞。真っ白なスタジオの中でオーケストラの真ん中に咲妃が立ち、澄んだ美声で歌い上げたMVには観客もうっとり。鑑賞後には大きな拍手が贈られ、咲妃は「自分じゃないかのように思えるぐらい感動してしまった」と話し、続けてMV撮影では「とても広いスタジオで撮ったのは初めてで、空間が曲の壮大さを作り上げた。歌唱中は特に指示がなく、歌いながら好きなように体を動かした。」と撮影現場のエピソードを披露。監督は鑑賞後「いいものを観させてもらえた。」と感謝のコメント。

咲妃は続けて「楽曲収録の際、最初はとても緊張していて…スタッフの方の視線があまりにもプレッシャーで、レコーディング中カーテンを閉めて、最後まで監督たちが見えないように歌った(笑)」と普段の現場との違いに緊張感があったと話す。監督は「この歌は制作では後期に当たる時期に完成。制作中の助けにもなった曲で、聴きながら作業したり、一日の締めに聴いたりもした。こんなに素敵な曲ができ、自分の想像を飛び越えた曲ができた。」と満足げに語った。

また劇中のアニメについて、イメージを膨らませたのちにレコーディングに挑んだという咲妃。ムーンの役柄に関しては、「数々のプリンセスをイメージし、力強くて芯のある、それでいて心優しく、覚悟を持っているような女性の強さと儚さが融合したのがムーンさん。」と答えると、監督も「話し合ってないのにイメージの意思疎通がばっちり!」と驚き。さらに作品がもっと広まったら「『ムーンプリンセス』の続きをスピンオフで作りたい!」と意気込むと、会場を埋め尽くしたファンより鳴りやまぬ拍手が贈られた。

最後に、咲妃からは「同じ時間を共にできてうれしい。これからも作品や歌が背中を強く優しく押してくれたら。」とコメント。監督からは「自分の作ったものは届いているという意味で、改めて大切な1日になった。2回目以降は冒頭から違った感情で見れるので、ぜひ何度も見てほしい。」と締めくくり、イベントは幕を閉じた。

 

 


© 吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会